VITA 74 VNX規格適合製品&サポート

VITA 74 VNX規格適合製品&サポート

概要

VITA 74 VNXは堅牢なスモールフォームファクタ(SFF)設計への新しいアプローチを提案します。独自のモジュール式フォーマットにより、システムアーキテクトはより柔軟なCOTS SFFシステム開発が可能に。VNXのマシーンド シャーシ、堅牢なバックプレーン、そして伝導冷却モジュールを組み合わせた極めて堅牢なアッセンブリーです。

vita規格団体
vnxロゴ

機械的要件と電気的要件を定めるVNXは、幅広い新たなアプリケーションに対応するよう簡素化された小型のVPXアーキテクチャーを統合します。この規格は、ベンダーに対してモジュール、バックプレーン、エンクロージャー、完全なソリューションなどを含むシステムコンポーネントの提供を促します。


VITA 74

VITA 74 - SEARAY™ライトアングル(HPC/LPC)

VITA 57.1の優れたパフォーマンスをベースに構築されたVITA 74 VNXは、12.5 mmおよび19 mmのスタック高さの高密度SEARAY™ライトアングル コネクターを規定しています。そのハイスピード性能と堅牢な設計が選ばれた理由です。

VITA 74(VNX)指定コネクター(SEARAY™ライトアングル)
 

Samtec PN

コネクター

12.5 mm嵌合(LPC 200ピン)

19 mm嵌合(HPC 400ピン)

オプション

はんだボールタイプ

位置決めピン(-A)

テープ&リール
(-TR)

めっき:L=10 µ" 金

設計サポート

製品図面

3D

PADS

ASP-161073-01

オス型

 

無鉛

X

X

L

PDF印刷

IGES
PARASOLID
ステップ

PADSファイル

ASP-161074-01

メス型

 

無鉛

X

X

L

PDF印刷

IGES
PARASOLID
ステップ

PADSファイル

ASP-161073-02

 

オス型

無鉛

X

X

L

PDF印刷

IGES
PARASOLID
ステップ

PADSファイル

ASP-161074-02

 

メス型

無鉛

X

X

L

PDF印刷

IGES
PARASOLID
ステップ

PADSファイル

VNXエコシステムの拡大

VNXエコシステムの拡大

組み込み製品の市場では、SWaP(サイズ、重量、パワー)に対する要件が厳格化し続けています。多くの場合、より小さいサイズとパワーでハイパフォーマンスを実現することが求められます。VITA 74規格をベースとした製品は、業界最先端のデータプレーン インターコネクト技術を必要とする堅牢性を備えた製品に対する市場にニーズに応えます。ベンダー各社はすでに、以下のような機能を提供するこれらのVNX技術を導入しています:

  • スモールフォームファクタ(SFF)切り替えシリアルインターコネクト
  • オープンフレーム バックプレーン設計
  • プラグインモジュール レベルでのレガシーのI/O互換性
  • 12.5 mmおよび19 mmの可変シャーシ高さあり

Trident Infosol Raptor VNX (VITA 74) COTSコンピューター

RaptorはVNX(VITA 74)規格に基づいた、コンパクトなフォームファクタの堅牢な商用オフザシェルフ(COTS)、認定済みコンピューターです。VPX(VITA 46)とOpenVPX(VITA 65)をベースとしたVNXは、非常に小さいサイズでの導入向けに設計されたVPX標準が進化したもので、次のような特徴があります:

  • コンパクトなフォームファクタのモジュラー設計
  • 幅広い動作温度に対応(連続で-40 °C~+71 °C)
  • MIL-STD-461Fに基づくEMI適合
  • PCIe® Gen 3適合
  • その他
vnx 画像

主なSamtec製品:

  • VITA 74 VNX(12.5 mm鉛フリー)200 I/Oオス型コネクター(SEARAY™ ASP-161073-01
  • VITA 74 VNX(12.5 mm鉛フリー)200 I/Oメス型コネクター(SEARAY™ライトアングルASP-161074-01
  • VITA 74 VNX(19 mm鉛フリー)400 I/Oメス型コネクター(SEARAY™ ASP-161073-02
  • VITA 74 VNX(19 mm鉛フリー)400 I/Oメス型コネクター(SEARAY™ライトアングルASP-161074-02

試験報告書

VITA 74 VNX規格

VITA 74 VNX規格に関するご質問や詳細については以下よりお問い合わせください:

お問い合わせ 営業所

名(ファーストネーム)
姓(ラストネーム)
Eメール
会社
業界
推定年間使用量
製品群
メッセージ

フォームに記入したくありませんか?
製品エキスパートに直接ご相談ください

.
.
.
In the video above, Samtec’s Jignesh Shah and Kevin Burt explain that as data rate requirements approach and surpass 112 Gbps PAM4, developers are challenged with balancing increasing throughput, scalability, and density demands with concerns such as power consumption, signal int...
“Artificial Intelligence” and “AI” are all the rage. From high frequency trading on Wall Street to improved drug development, AI affects more aspects of human lives daily. Many AI solutions harness the computing power of cloud connectivity, edge computing, data centers and HPC. T...
mmWave. Massive MIMO. Beamforming. Full duplex. Connectors. Connectors? Yes, connectors. Really! This may seem like a new take on the old childhood game of “One of These Things”. However, all of these technologies (and others) are directly related to developing next-generation an...
“Where high frequency meets high speed,” says the tag line of past EDI CON USA events. What exactly is EDI CON? Technical specialists from across the RF, microwave, EMC/EMI, high-speed digital design and system integrator spectrum met annually. Why? For networking, training and l...
With the advent of the Commercial Off-The-Shelf (COTS) part being used in Mil / Aero, Space, Industrial, Transportation, and Automotive applications; manufacturers find themselves still looking for information on how those products will perform in severe environments. Here at Sam...