VITA規格適合製品&サポート

VITA規格適合製品&サポート

VITAのメンバーは、VMEbus、PCI Mezzanine Card (PMC)、VXS、VPX、FMCをはじめ、その他多くの主なコンピューターバス、ボード、システムの仕様を定義および作成しています。1984年創設以来、VITAは約100のワーキンググループを設立し、世界中の重要な組み込みシステムの設計者にとって大きな意味を持つ仕様や規格を開発してきました。VITA技術をベースとした製品は、医療画像診断や宇宙発射制御、半導体実装、防衛システムなどの各種システムで活用されています。

VITAは規格に関する特許の開示とライセンス許諾の分野において新たな試みを行い、法的機関から事前手続きに関する指針を受け取った世界初の規格開発者となりました。米司法省は、事前手続きにおけるロールモデルとして、しばしばVITAに言及しています。詳細については特許開示ページをご覧ください。

VITAの技術は、世界中の安全、制御、防衛、通信、エンターテイメント、交通輸送、その他多くのアプリケーションに採用されています。

Samtecは、VITA規格の多くの拡張機能を、様々な種類の製品でサポートしています。

VITA規格ロゴ

VITA 42 XMC

xmcロゴ

VITA 42 XMCは、スイッチファブリック アーキテクチャーを導入する高信頼性コンピューターで使用されるメザニン規格として広く採用されています。XMCは、実績あるメザニン フォームファクタにおいて、PCIメザニンカード(PMC)とシリアル ファブリック技術を組み合わせます。

VITA 57.1 FMC

fmcロゴ

FPGA Mezzanine Card(FMC)は、VITA 57ワーキンググループの会員であるFPGAのベンダーおよびエンドユーザーで構成されるコンソーシアムにより開発および承認されました。FMCは、再構成可能なI/O機能を備えた、FPGAベースボードまたは他のデバイスへのドーターカード用小型電気機械拡張インターフェイスを規定するANSI規格に準拠しています。

FMC標準は、設計者のアプリケーション開発にかかる時間を短縮できるベースボードや包括的な開発キットを作成するFPGAベンダーにとって重要です。FMC製品はデータ通信、配信、航空宇宙/防衛、工業、機器などの業界をターゲットとするその市場特有のアプリケーション向けに、サプライヤー企業によって絶え間なく取り入れられています。FMCを採用したI/O設計の柔軟性の詳細については、こちらをクリックしてご覧ください。

VITA 57.4 FMC+

fmcplusロゴ

FMC、FMC+製品はハイスピード、高密度アレーのSEARAY™シリーズの、より大型なコネクターを採用しています。このハイスピード シリアルピン コネクター(HSPC)には、14x40アレーに560本のピンが配置されています。新しいFMC+カードは、大型のコネクターであるため新しいFMC+キャリアにのみ差し込み可能ですが、オリジナルのFMCカードも使用できます。これは、カスタムメイドの極性システムにより下位互換性が提供されるためです。

FMC+規格では、マルチギガビット インターフェース数が10から24まで増加しています。さらに、ピンカウントを4x20アレーの配置で80極数増加させる、拡張コネクターオプション(ハイシリアルピンカウント コネクター エクステンションまたはHSPCe)もご用意しています。これにより、32フルデュプレックスチャネルに対応できるよう、マルチギガビットインターフェイス数が最大化されます。マルチギガビットインターフェースあたりのスループットは上り下り共に28 Gbpsまで増加しています。

VITA 66 オプティカルVPX

openvpxのロゴ

VITA65 OpenVPX、VITA66の拡張機能として、プラグインモジュール の固定コンタクトと、バックプレーンにフローティング変位を持つブラインドメイト光コネクタを含む、互換VPXインターフェイスを可能にします。

VITA66は、ファイバートランシーバとケーブルによるI/O密度の向上と多様化を可能にします。トランシーバは高密度で高速に動作しますが、貴重な基板面積を消費し、ハードウェアを追加する必要があり、ウルトラファインピッチのため集積が困難な場合が多くあります。

Samtecは、VITA66規格に対応するため、ケーブル接続のFireFly™ Micro Flyover System™を提供しています。FireFly™はSWaP-Cをサポートし、光トランシーバよりも高い密度と性能(28+ Gbps)を提供しながら、より少ないボードスペースを実現しています。

VITA 74 VNX

vnxロゴ

VITA 74 NanoXスモールフォームファクタは、コンパクトなフォームファクタ システムの導入における機械的仕様と電気的仕様の両方を定義します。この仕様は、さまざまなアプリケーションで使用される小型システムへの標準化されたアプローチに対するニーズを満たすものです。また、複数のベンダーがモジュール、バックプレーン、エンクロージャー、完全なソリューションなど各種レベルの小型システムで使用されるコンポーネントを提供するよう促します。さらに、ベンダーが導入する際の柔軟性を提供し、コンポーネントの相互運用性を保証することを目指しています。

VITA 88 XMC+

VITA XMC+ロゴ

VITA 88VITA 42.0コネクターシステムへの代替オプションとしての、ひとつのオープン基準を創造します。このコネクターは高帯域幅シリアルインターフェースに対応しています。フットプリントの互換性を最大限に高め、電子および機械特性評価の更新時に、VITA 88.0 XMC+が設計の新旧を問わずXMCプラットフォームに対応します。

VITA 90.0 VNX+

vnx+ ロゴ

VITA 90は、VITA 74の次のステップとして、コンパクトなフォームファクタ(SFF)アプリケーション向けにサイズ、重量、電力、コスト(SWaP-C)のメリットを提供する強化された標準規格です。初期の設計は軍事および航空宇宙アプリケーションを対象としていましたが、VITA90のシステム標準に対するモジュール方式は、組み込み市場の多くの分野に適しています。

VITA規格

SamtecのVITA規格とその詳細に関するご質問は、下記にお問い合わせください。

お問い合わせ 営業所

名(ファーストネーム)
姓(ラストネーム)
Eメール
会社
業界
推定年間使用量
製品群
メッセージ

フォームに記入したくありませんか?
製品エキスパートに直接ご相談ください

.
.
A few months ago, in collaboration with EE Journal, we delved into this intriguing topic in a webinar titled “Non-Magnetic Interconnects — presented by Samtec and Mouser Electronics.” Led by […] The post Exploring Non-Magnetic Interconnects appeared first on The Samtec Blog....
What is the 2024 forecast for the connector industry? What happened in 2023? What markets and industries saw the most growth, or the biggest decline? Is the West still outpacing […] The post The Latest Bishop and Associates Update: 2024 Forecast, 2023 Review appeared first on Th...
Samtec next-generation connector solutions are designed to meet the challenges of 224 Gbps PAM4 architectures. At DesignCon 2024, Samtec had five product demonstrations and displays showcasing our 224 Gbps products.  […] The post New 224 Gbps PAM4 Interconnect Solutions With Impr...
At Samtec precision and reliability are paramount, every component must undergo rigorous testing to ensure optimal performance and durability. The mates we help make we want to ensure they will […] The post The Heart of the Connection appeared first on The Samtec Blog....
Every element of modern life has been impacted by the rise of computing and the semiconductors that power it, but there is no aspect of computing that has caught the […] The post Connectivity for Artificial Intelligence appeared first on The Samtec Blog....