三角の警告 本サイトでは、ウェブサイトの機能充実や、当社のプロモーションおよびマーケティングに反映するため、クッキーならびに他のウェブサイトモニタリング技術を使用しています。「同意する」をクリックすることで、お客様は当社が最近更新した個人情報保護に関する通知 および方針規則の条件に同意されたものとします。
同意する 同意しない
三角の警告 本サイトでは、ウェブサイトの機能充実や、当社のプロモーションおよびマーケティングに反映するため、クッキーならびに他のウェブサイトモニタリング技術を使用しています。「同意する」をクリックすることで、お客様は当社が最近更新した個人情報保護に関する通知 および方針規則の条件に同意されたものとします。
同意する 同意しない

VITA規格団体

VITA規格団体

VITAのメンバーは、VMEbus、PCI Mezzanine Card (PMC)、VXS、VPX、FMCをはじめ、その他多くの主なコンピューターバス、ボード、システムの仕様を定義および作成しています。1984年創設以来、VITAは約100のワーキンググループを設立し、世界中の重要な組み込みシステムの設計者にとって大きな意味を持つ仕様や規格を開発してきました。VITA技術をベースとした製品は、医療画像診断や宇宙発射制御、半導体実装、防衛システムなどの各種システムで活用されています。

VITAは規格に関する特許の開示とライセンス許諾の分野において新たな試みを行い、法的機関から事前手続きに関する指針を受け取った世界初の規格開発者となりました。米司法省は、事前手続きにおけるロールモデルとして、しばしばVITAに言及しています。詳細については特許開示ページをご覧ください。

VITAの技術は、世界中の安全、制御、防衛、通信、エンターテイメント、交通輸送、その他多くのアプリケーションに採用されています。

vitaロゴ

VITA 42 XMC

xmcロゴ

VITA 42 XMCは、スイッチファブリック アーキテクチャーを導入する高信頼性コンピューターで使用されるメザニン規格として広く採用されています。XMCは、実績あるメザニン フォームファクタにおいて、PCIメザニンカード(PMC)とシリアル ファブリック技術を組み合わせます。

VITA 57.1 FMC

fmcロゴ

FPGA Mezzanine Card(FMC)は、VITA 57ワーキンググループの会員であるFPGAのベンダーおよびエンドユーザーで構成されるコンソーシアムにより開発および承認されました。FMCは、再構成可能なI/O機能を備えた、FPGAベースボードまたは他のデバイスへのドーターカード用小型電気機械拡張インターフェイスを規定するANSI規格に準拠しています。

FMC標準は、設計者のアプリケーション開発にかかる時間を短縮できるベースボードや包括的な開発キットを作成するFPGAベンダーにとって重要です。FMC製品はデータ通信、配信、航空宇宙/防衛、工業、機器などの業界をターゲットとするその市場特有のアプリケーション向けに、サプライヤー企業によって絶え間なく取り入れられています。FMCを採用したI/O設計の柔軟性の詳細については、こちらをクリックしてご覧ください。

VITA 57.4 FMC+

fmcplusロゴ

FMC、FMC+製品はハイスピード、高密度アレーのSEARAY™シリーズの、より大型なコネクターを採用しています。このハイスピード シリアルピン コネクター(HSPC)には、14x40アレーに560本のピンが配置されています。新しいFMC+カードは、大型のコネクターであるため新しいFMC+キャリアにのみ差し込み可能ですが、オリジナルのFMCカードも使用できます。これは、カスタムメイドの極性システムにより下位互換性が提供されるためです。

FMC+規格では、マルチギガビット インターフェース数が10から24まで増加しています。さらに、ピンカウントを4x20アレーの配置で80極数増加させる、拡張コネクターオプション(ハイシリアルピンカウント コネクター エクステンションまたはHSPCe)もご用意しています。これにより、32フルデュプレックスチャネルに対応できるよう、マルチギガビットインターフェイス数が最大化されます。マルチギガビットインターフェースあたりのスループットは上り下り共に28 Gbpsまで増加しています。

VITA 74 VNX

vnxロゴ

VITA 74 NanoXスモールフォームファクタは、コンパクトなフォームファクタ システムの導入における機械的仕様と電気的仕様の両方を定義します。この仕様は、さまざまなアプリケーションで使用される小型システムへの標準化されたアプローチに対するニーズを満たすものです。また、複数のベンダーがモジュール、バックプレーン、エンクロージャー、完全なソリューションなど各種レベルの小型システムで使用されるコンポーネントを提供するよう促します。さらに、ベンダーが導入する際の柔軟性を提供し、コンポーネントの相互運用性を保証することを目指しています。

VITA規格

VITA規格対応製品群に関するご質問や詳細については、下記よりお問い合わせください:

お問い合わせ 営業所

名(ファーストネーム)
姓(ラストネーム)
Eメール
会社
業界
推定年間使用量
製品群
メッセージ

フォームに記入したくありませんか?
製品エキスパートに直接ご相談ください

.
.
.
The FPGA (or ACAP) universe gathered at the San Jose Fairmount last week during the Xilinx Developer Forum. Engineers, data scientists, analysts, distributors, alliance partners and more came to learn about the latest hardware, software and system level solutions from Xilinx. Xil...
Samtec recently held its first annual Samtec Cares Day, where we welcomed dozens of local non-profits to our headquarters in New Albany, Indiana. The Samtec Cares Grant Program was created to positively impact and assist organizations within the communities in which Samtec associ...
Increasing data demand requires faster data rates across the data center. This is especially true of the transceivers and pluggable cages and modules common to these applications. One company can’t do it alone. MSAs continue to proliferate as component manufacturers, equipment pr...
In the first part of this series on Severe Environment Testing (SET) we covered Electrostatic Discharge (ESD) and Dielectric Withstanding Voltage (DWV) at an altitude of 70,000 ft. Continuing on the path of “how” we tested, we will be looking at the other tests that were introduc...
In September, we put a bow on the login project until Phase 2 begins later this year, continued to focus on some back-end upgrades to Samtec.com, released a few UX updates, knocked out a few smaller projects that have been on the back burner, and added a few new pieces of content...