三角の警告 本サイトでは、ウェブサイトの機能充実や、当社のプロモーションおよびマーケティングに反映するため、クッキーならびに他のウェブサイトモニタリング技術を使用しています。「同意する」をクリックすることで、お客様は当社が最近更新した個人情報保護に関する通知 および方針規則の条件に同意されたものとします。
同意する 同意しない
三角の警告 本サイトでは、ウェブサイトの機能充実や、当社のプロモーションおよびマーケティングに反映するため、クッキーならびに他のウェブサイトモニタリング技術を使用しています。「同意する」をクリックすることで、お客様は当社が最近更新した個人情報保護に関する通知 および方針規則の条件に同意されたものとします。
同意する 同意しない

SEARAY™ 0.80 mmピッチ超高密度アレー

SEARAY™ 0.80 mmピッチ超高密度アレー

0.80 mmピッチのグリッドにより最大50%のボードスペースを節約できる超高密度ハイスピード オープンピン フィールド アレー。


製品群概要

searayultralpビデオ

0.80 mmピッチのグリッドが特徴の超高密度ハイスピード オープンピン フィールド アレーは、.050"ピッチSEARAY™インターコネクトに比べて最大50%のボードスペースを節約できます。シグナルインテグリティに合わせて最適化された合計500までのEdge Rate®コンタクトにより、極めて柔軟な信号とグラウンドのルーティングが可能。また、最大10列、1列あたり50個のコンタクト、7 mmまたは10 mmから選べるスタック高さ、ハイスピード28+ Gbpsのパフォーマンスといった機能も提供します。

マイクロバックプレーン アプリケーションに適したライトアングルのソケットもあり、オプションとして非目視嵌合のためのガイドポストを選ぶことができます。また、プレスフィット テール付きの個別電源モジュールは、よりフレキシブルなシステムを可能にする高電源オプションを提供します。

searay ultralpポスター

マイクロバックプレーン アプリケーションに適したライトアングルのソケットもあり、オプションとして非目視嵌合のためのガイドポストを選ぶことができます。また、プレスフィット テール付きの個別電源モジュールは、よりフレキシブルなシステムを可能にする高電源オプションを提供します。

特徴

  • 0.80 mm (.0315") ピッチ グリッド
  • .050" (1.27 mm) pitch SEARAY™に比べて50%の省基板スペース
  • パフォーマンス:最大17.5 GHz / 35 Gbps
  • 堅牢なEdge Rate®コンタクト
  • 最大500 I/O
  • スタック高さは7 mmおよび10 mm
  • ソルダーチャージ端子で実装が簡単
  • Samtec 28+ Gbpsソリューション
  • ブレークアウト領域トレースルーティングの推奨についてFinal Inch®の認証を取得
オープンピン フィールドの柔軟性

ダウンロード

文献

SEARAY™ eBrochure

SEARAY™ 0.80 eBrochure

入手する
Micro Rugged Application Design Guide

Micro Rugged Application Design Guide

入手する
Broadcast Video Solutions Guide

Broadcast Video Solutions Guide

入手する
High-Speed Board-to-Board Application Guide

High-Speed Board-to-Board Application Guide

入手する

ビデオ

Jack Screw Standoffs for High-Normal-Force Applications (JSO & JSOM)

Samtec Advanced Interconnect Design Tech Center

シリーズ

SEAM8

0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ターミナル

特徴
  • 0.80 mm (.0315")ピッチ
  • .050" pitch SEARAY™に比べて50%の省基板スペース
  • 堅牢なEdge Rate®コンタクト
  • 56 Gbps PAM4のパフォーマンス
  • 低い挿抜力
  • ソルダーチャージ端子
  • スタック高さは7 mmおよび10 mm
0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ターミナル

SEAF8

0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ソケット

特徴
  • 0.80 mm (.0315")ピッチ
  • .050" pitch SEARAY™に比べて50%の省基板スペース
  • 堅牢なEdge Rate®コンタクト
  • 56 Gbps PAM4のパフォーマンス
  • 低い挿抜力
  • ソルダーチャージ端子
  • スタック高さは7 mmおよび10 mm
0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ソケット

SEAF8-RA

0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ソケット、ライトアングル

特徴
  • 高密度オープンピンフィールド アレー
  • ライトアングル設計
  • 0.80 mm (.0315")ピッチ
  • 堅牢なEdge Rate®コンタクト
  • 28 Gbpsのパフォーマンス
  • 低い挿抜力
  • ソルダーチャージ端子
  • ガイドポスト オプションあり
0.80 mm SEARAY™ハイスピード高密度オープンピンフィールド アレー ソケット、ライトアングル

JSO

ジャックスクリュー プレシジョン ボードスタッキング スタンドオフ

特徴
  • 従来のスタンドオフとして機能
  • LSHM、SEAM/SEAF、SEAM8/SEAF8、LPAM/LPAF等、多極コネクターの抜去アシスト
  • ボード上の部品が損傷するリスクを軽減
  • 4.00 mm ~ 16.00 mmのボードスタック
  • プレスばめ式およびねじ込み式も可能
ジャックスクリュー プレシジョン ボードスタッキング スタンドオフ

お問い合わせ 営業所

名(ファーストネーム)
姓(ラストネーム)
Eメール
会社
業界
推定年間使用量
製品群
メッセージ

フォームに記入したくありませんか?
製品エキスパートに直接ご相談ください

.
.
As we seek to go faster and faster in our systems, heat grows as does the noise from the cooling fans. It is because of this heat and noise, many companies are investigating or switching to submersible cooling (liquid immersion cooling) options. Over the last few years, submersib...
Scientists, researchers, and data analysts from academia, industry and government agencies will be center stage at SC19 next week in Denver. SC19 is the International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage, and Analysis. Next-generation high-performance co...
Decisions, Decisions … I may be in the market for a new car in the near future. Unless you’ve got a strong preference (and most car buyers DO have a strong preference, IMO), choosing a vehicle is a series of trade-offs.  Fuel efficiency vs. horsepower. Functionality vs. appearanc...
I recently attended the Engineering Design Show in the UK, where one of the clear trends in evidence was the rise of power connectors for printed circuit boards (PCBs).  The reasons are pretty clear. New technology is making ever-greater demands for more power in smaller spaces. ...
In October, we shifted our focus to working on a few small and medium-sized projects that had been on the back-burner, and also chipped away at some technical debt that had been piling up, which is nerd speak for “picking up our toys.” This type of work isn’t always glamorous, bu...