センサー・オープン・システム・アーキテクチャー

センサー・オープン・システム・アーキテクチャー

SOSA™は、電子光学・赤外線(EO/IR)、電子戦、(EW)、レーダー、シギント(SIGINT)用途のセンサー制作モジュラーのためのアーキテクチャーと基準です。この基準は、全く新たなシステムの定義というよりもむしろ、センサーの理論アーキテクチャーとともに、グループ機能、行動、インターフェイスといった論理モジュール一式を定義します。結果としてSOSA™テクノロジーは次のことを可能にします。

  • SOSA™が定義するセンサーを用いた新システムおよび既存システムへの統合
  • 埋め込みシステムのハードウェアやソフトウェアへより大きな設計を可能にします。
  • OpenVPX™やSAE AS6169などSOSA™に関する基準の再構築を、ユーザーに可能にします。
  • 埋め込み技術とプラットフォーム再構築の迅速な適用を促進する

SOSAパンフレット

SOSA連携型インターコネクト ソリューション

PDFをダウンロード
sosaロゴ

メザニン

キャリアボードとのより柔軟性の高い接続を実現するために、SOSA™は実証済みの次世代メザニン基準を広範囲に採用しています。これにより、フルチャネルに渡る高密度データI/Oトランスファーと、堅牢なフォームファクターのシグナルインテグリティの信頼性の向上を可能にします。

現行のメザニン基準はSOSA™において次のような特徴があります。

  • VITA42―SOSA™集約スロット形状I/O対応
  • VITA 57.1―SOSA™ユーサーに理想的なFPGAsを使った試作
  • VITA 57.4―FPGシステムや実験作業のための最大32Gbpsの次世代速度
  • VITA 88―PCIe® 5.0以上の速度を達成した次世代メザニン相互接続、およびVITA 42対応フットプリント

xmcロゴ xmc プラスロゴ fmcロゴ fmcplusロゴ

コンパクトなフォームファクタ

SOSA™の最初のコンパクトなフォームファクタアーキテクチャーとして、VITA 74 VNXは供給されたSBCのメッシュネットワークから従来型のラック実装システムまで、あらゆるSOSA™センサーの統合への柔軟性を提唱する、真のモジュラー基準です。

ANSI/VITA 74.0へと拡大するSOSA™ VNXプラグインカードは、高速・光学・同軸コネクタの、事前に定義された数々の組み合わせを利用します。これにより外部I/Oが大幅に向上すると同時に、既存のVNXシステムに光学・同軸接続の統合が可能になります。

SOSA™ VNXには次の特徴があります。

  • 業界のニーズに答える、3Uよりも小さなスペースでの堅牢性と高密度ソリューション
  • 3U VPXサイズの約33%のパッケージにおける、より高い密度と性能
  • 1xSBC、8xVNXプラグインカードからケーブル経由のメッシュトポロジーまで、幅広い設計の柔軟性
  • ボックスレベルでの改良型2段階メンテナンス、個々のプラグインカードの交換不要
  • COTSモジュールとコネクタを基本にした、コストパフォーマンスの良いSFFソリューション

vnxロゴ

SOSA基準

SOSA™シリーズの基準に関する質問や詳しい情報はこちらまで。

お問い合わせ 営業所

名(ファーストネーム)
姓(ラストネーム)
Eメール
会社
業界
推定年間使用量
製品群
メッセージ

フォームに記入したくありませんか?
製品エキスパートに直接ご相談ください

.
.